娘の処女は俺のモノ

menu

娘の処女は俺のモノ。禁断のエロ漫画ネタバレを覗き読み!

娘の処女は俺のモノ。眼鏡人(著)。義理の娘は反抗期。「お義父さん、私の事なんてきになるんだ」「別に私のお義父さんやめちゃえばいいのに」そんなある日の夜…穂乃花がオ●ニー?俺に隠し事…おしおきだ!

娘の処女は俺のモノ。~だめぇ!お義父さんので…イっちゃうッ!~

義理の娘は反抗期。
「別に私のお義父さんやめちゃえばいいのに」そんなある日の夜…穂乃花がオ●ニー?俺に隠し事…おしおきだ!

無料立ち読みはコチラ


娘の処女は俺のモノ

娘の処女は俺のモノ あらすじ

義理の娘は思春期で反抗期。

義理の娘の穂乃花がオ●ニーに耽っていた。

いつからこんな厭らしいことを覚えたのか?
まさか、穂乃花に悪い虫でもツイたのか…

どこの馬の骨とも分からない奴に奪われるなら俺が奪ってやる…

興奮し義理の娘の穂乃花を無理やり押さえつけ、犯してしまう…

冷静さを取り戻した父は後悔と罪悪感に苛まれる…

無料立ち読みはコチラ

娘の処女は俺のモノ。"

作品内容

◆作品名:娘の処女は俺のモノ。~だめぇ!お義父さんので…イっちゃうッ!
◆作者:眼鏡人
◆対応キャリア:docomo・au・softbank
◆第1話:こんなに濡らして…誰を相手にココを弄ってたんだい?
◆第2話:友達に隠れてパパのおち○ちんをしゃぶるなんて…
◆第3話:おっぱいで身体、洗ってあげるね
◆第4話:お風呂の中でエッチなんて…こんなのダメだよぉ…!
◆第5話:義娘と野外でシック○ナイン…最高だ
◆第6話:ママの寝てる横で、穂乃花とセックスして?

管理人の妄想

揺さぶられながら、私は随分前のことを振り返っていた。

逃げ出そうとする私の前に、お義父さんの腕が、これを抑止する。

ぐっと近づけてきた顔の形相は、意地悪な男性そのものだった。

お義父さんは机の上に私を押し倒した。

誰か戻ってくるかもしれないのにこのような良心の呵責に駈られ、普通以上に敏感になっている。

お義父さんは私のシャツを下着ごとたくしあげ、ピンと乳首を指で弾く。

そして、バストを徐々に沿わせると、その中心をチョット力を入れて揉んだ。

お義父さんの指先が、ツーと下腹部へ進む。

愛の無いセリフにびくっとからだを揺らす。

舌先を尖らせ、ツンツンする焦らしに甘い吐息が溢れる。

「イヤだ、ダメ…イヤだ、あっ、うっ…家の中で…」

「素直になればいいのに。家の中では駄目って言っても、外だとこれ以上無理だろう?」

お義父さんが上下するたびに、耳を閉ざしたくなる音が響く。

「穂乃花のあそこ、強く収縮させているね」

「ウオッ!そんなに締めつけられるとチョット痛いよ」

「ヒァッ!止めて!お母さんが来たら、どうするの…っ」

「穂乃花がデカイ声を出さなかったらOKだろう」

「お母さんが帰ってくるから、ムリだってば…んっ…ダメだってば…」

「駄目って言ってるのに、ここから愛液が溢れてるよ。この事態に興奮してんじゃないの?」

少々眉間をしかめて、お義父さんが漏らした。こういった現状、お母さんを傷つけるだけだって判ってるのに・・・

無料立ち読みはこちら

娘の処女は俺のモノ。
~だめぇ!お義父さんので…
イっちゃうッ!~


メニュー

inserted by FC2 system